2014年09月14日

ソニーのレンズスタイルカメラの変態度がUPした新製品QX1!レンズ交換式

2014年10月10日 発売予定のソニーの新製品の変態デジカメがスゴイ!

変態デジカメ=レンズスタイルカメラのことです(笑)
QX10、QX100 に加えて、『QX1』新製品が発表されたのですが、なんとレンズ交換式!
デジタル一眼カメラ級の超高性能を備えた変態カメラなのです♪

製品名:ILCE-QX1/ILCE-QX1L
ソニーストア

1.APS-Cサイズ QX10のセンサー (1/2.3サイズ)の13倍の大きさ!
2.レンズ交換が可能!Eマウント
3.内蔵フラッシュ機能搭載
4.RAW形式で保存!
などなど、コンデジレベルのQX10や100とは、レベルが違うのだよ!レベルが!
圧倒的な性能差というヤツだwww

これは海外のリリースを見た瞬間に、欲しい!という思いの直感が脳を駆け巡り(笑)
早速、ソニーストアーへ行って来ました。

結論:お金に余裕があれば即買いしたい!!!

ILCE-QX1 :本体のみ:35800円(ソニーストアー)
ILCE-QX1L:本体+薄型レンズ:50880円(ソニーストアー)

近接の物を試写したのですが、センサーが大きいので、明るく綺麗に撮影できました!
当然なのですがwww

これがあれば、店内が暗いパンケーキも、美しく写真撮影ができるハズw
パンケーキ仲間のデジイチの美しさにやや嫉妬していたもんでして(^_^;)

見た目のデザインも、レンズにしか見えない変態さがユニーク(笑)
知らない人が見たら、レンズだけで撮影しているの?って驚くことでしょうw

いや、見た目もオモチャではなく、本格的なデジカメにしか見えない!

思ったよりも重くなく、片手で、いや指2本でつまんで持ち上げても楽々だ。
レンズ無しの本体のみの重量で、約160gと軽い。

大きさは、QX10に比較すると、約3倍〜4倍と持ち運びにはかさ張るのが難点だ。 
交換レンズがセットになった『ILCE-QX1L』のレンズ+本体の長さ

QX1+Xperia Z ultra(ズルトラ)なら、最強の写真撮影が楽しめそうです♪

この組み合わせの欠点は、オプションで販売するアクセサリーの
『フリーアングルシューティングキット「ADP-FSK1」』が使えないことです。

理由は、ズルトラの幅が広い為、標準のアタッチメントでは、スマホに挟み込めません。
挟むには、オプションの『タブレットアタッチメント「SPA-TA1」』が必要です。

しかし、この「SPA-TA1」には、「ADP-FSK1」を装着できませんΣ(゚д゚lll)ガーン

なら、ズルトラのカバーを兼ねた『カメラアタッチメントケース「SPA-ACX3」』なら
「ADP-FSK1」が装着できるのか!? スタッフさんに試してもらうと・・・
これも無理だった(>_<;)

ズルトラやタブレット系には、『フリーアングルシューティングキット「ADP-FSK1」』が
使用できない・・・残念。。。

欲を言えば、性能だけでなく、デザインや見た目も重視な私には、
カラバリに、ホワイトやパープルがあれば、多少の問題は、目をつむっても即断したことだろうw

ついでに、ソニーさん
『タブレットアタッチメント「SPA-TA1」』
ですが、標準タッチメントのように折り畳み式に改良をお願いします。

今の製品は、挟み込み部が固定で、持ち運ぶ際にかさ張るので(^^)/

しかし、ソニーらしさが、益々増してきた製品にGood! 嬉しいです。

ただ、画像編集には、モンスターマシン(高性能PC)が必要やと思うのですが・・・
ここは今後のVAIOに期待するしかないか!?謎

って、書いてたけど、変態カメラQX1を買っちゃったねん!のパンケーキマンのレポは次ページへ(笑)








にほんブログ村
posted by デジタルパンケーキマン at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | レンズスタイルカメラ(サイバーショット,デジイチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405424453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。