2015年06月11日

VAIO Z Canvasのキーボードが素晴らしい♪ on/off/タッチパッドoffの物理スイッチが便利!

VAIO Z Canvasのキーボードは優秀です!というより秀逸です♪

タッチ感が素晴らしく、安っぽいキーボードのようなヘニョヘニョ感がありません。
キーボードは非常に薄いのに、しっかりしています。
PICT_20150606_120329.JPG
キーボードの仕様(公称)は次の通りです。
キーピッチ「ピッチ19mm」キーストローク「ストローク1.35mm」

ストローク1.35mmながらも確かな打鍵感覚で正確かつリズミカルにタイピングが可能です。

VAIO Z1のキーよりもキーサイズ一つ一つが一回り大きく、キー間の隙間が狭くなっています。
下段の『Ctrl』〜のキーサイズは奥行が大きいため、従来より親指でタッチしやすくなっています。
ただ、VAIO Z Canvasのタッチパッドとキーとの距離が近いため?
タッチパッドが敏感なため?タイピングしていると、場合によってはパッドが誤反応してカーソルが知らぬ間に意図せぬ場所にジャンプすることがあります。

そんな時に便利なのが、キーボード右上にあるハードキーです。
キーボードの『OFF(有効)』『ON(無効)』『×(タッチパッド無効)』を切替できます。
PICT_20150606_120401.JPG
Windowsの設定からoffにしなくても、このハードキーのスライドスイッチを『タッチパッド無効』にするだけで、パッドの誤反応も解決しますw

また、タブレットとして使用する際、キーボードを無反応にしたい時は、OFFにしておけばOK!
仮にキーボードを鞄に入れたままで、鞄内で何かがキーにタッチしても誤入力を防止できます。

VAIO Z1と比較して残念なのは、無線系のon/offスイッチが無いことですねw
キーボードの直接の機能とは関係が無いですがwww

無線LANやBluetoothをスライドスイッチで、On/Off出来るのはモバイラーとしては非常に便利でした。

VAIO Z Canvasのキーボードで改善をして欲しいことが一つあります。
SONY時代のキーボードの設定と異なる挙動が・・・

『Fnキー+Shift+十字キー』で、一括選択が出来ない!!!
例えば、テキスト1行を左端(行頭)〜右端(行末)まで範囲選択したい時です。

VAIO Z1なら『Fnキー+Shift+→』で1行が瞬時に選択可能でした。
VAIO Z Canvasはそれが出来ません。
近い操作は『Fnキー+Shift+↓』で2行目まで含めれば選択可能です。

が、1行のみを丸ごと範囲選択できないという不便さが(爆
Fn+→で、カーソルは端まで移動可能なのですが。。。(;'∀')


VAIO担当者様!これは早急に仕様をSONY時代の挙動へ戻して下さい。
お願いします。

この動作が何かと便利であるのもVAIOが好きな理由の一つなのです(笑)

2015/10/19 VAIO Z Canvasの『Fnキー+Shift+→』の改善パッチが公開され解決しました!

ソニーストア


にほんブログ村
【VAIO Z Canvas(ノートパソコン)の最新記事】
posted by デジタルパンケーキマン at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | VAIO Z Canvas(ノートパソコン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック